画像を求めて

これからの人生に、余裕をもって過ごしたいと思いながらブログに挑戦してます。

日暮の滝&搭のへつり

日暮の滝                                                           会津藩主が江戸からの帰途に休息したところ、あまりの美景に日暮れまで眺めていたという。
高さ40mと15mの二段になって流れている滝だが、木々の繁茂で、一度に観るのが大変です。

   日暮の滝ー1
   日暮の滝ー2

    塔のへつり
「へつり」とは下郷地方の方言で、断崖絶壁(だんがいぜっぺき)の急峻(きゅうしゅん)【たいへんけわしいこと】な場所を指すことばです。町には「へつり」とよばれる所は数多くありますが、中でも「塔のへつり」は、阿賀川(あががわ)の右岸に奇岩(きがん)・怪石(かいせき)【めずらしい形の岩】が塔(とう)のようにそびえ立ち、見ごとな景観(けいかん)をつくり出しています。
 塔のへつりの岩は、100万年前に出来た地層(ちそう)が、長年の風雨や風化により、やわらかい部分が流出してかたい部分がひさし状にはり出し何層(なんそう)も重なる塔のような形をしています。

  ホームページから抜粋

   日暮の滝-3
   日暮の滝ー4
スポンサーサイト

コメント

No title

本当に塔のように見えますね。
不思議な景観ですね。

搭のへつり

コメントありがとうございます。
岩肌が白く形が面白いですね。橋を渡って側で見上げると威圧される様な感じです。

感動~♪

 滝と紅葉の素晴らしい景色にしばしうっとりしました。

 塔のへつりには、自然の偉大さに絶句状態に…!
 生きてる間に是非行きたいと強く思いました。

搭のへつり

コメントありがとうございます。
各地に奇岩などは、たくさんありますが、山の斜面が搭の様に壁にへばりついているのは珍しいと思いました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://mi19ko45ha.blog.fc2.com/tb.php/23-8d825494

 | HOME | 

文字サイズの変更

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

岩チドリ

Author:岩チドリ
FC2ブログへようこそ!
庭の花や里山に出かけて写真を
楽しんでいます。

最新記事

カテゴリ

デジカメ (68)
豊齢研 (8)
庭の花 (20)
ウォーキング (4)
街なか散歩 (12)
旅行 (9)
孫 (5)
友人と (3)
里山散策 (13)
水墨画 (0)
未分類 (5)
市の講座 (4)
葵学園 (7)
あすなろ会 (2)
スマホ (4)

最新コメント

月別アーカイブ

BGM

音楽を聞くにはプラグインが必要です

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん